わざと怒らせる

超人気アイドルグループ「嵐」が1月27日の会見で2020年限りでの活動休止を発表しました。

会見中に「無責任じゃないかという指摘もあると思う」という質問が飛んだことに石原良純や坂上忍らが不快感を示し、ファンの間でも相当な反感を買っています。

私は「嵐」に会ったこともないし、ファンでもないので特に肩入れするつもりはありませんが、テレビ画面越しに伝わる人柄には好印象を抱いているので、実際に一緒に仕事をしたり、ずっと応援している人はもっと印象が良いのでしょう。

「あんなに真面目でいい子たちを“無責任”呼ばわりするなんて許せん!」というのが本音なんだと思います。

しかし、元ライターの立場で言えば、そういう質問をする記者はいるだろうなと想像がつくし、意外でも何でもありません。

客観的に見て、もし大野君が辞めたいと言ったとしても「無責任」とは思わないし、あの質問を肯定するつもりはありませんが、わざと怒らせるような質問をぶつけて反応を窺うのは、よくある手法です。

三流週刊誌の手法と言われるかも知れませんが、もし取材対象が怒ってくれたら儲けもの、というマッチポンプです。

怒ってる様子が撮影できればワイドショーや週刊誌的には最高のネタになりますからね。

櫻井くんの完璧な返答で“空振り”

ただ、今回は櫻井翔が「およそ2年近くの期間をかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です。たくさんのパフォーマンスを見てもらい、それが果たして無責任かどうかを判断していただければ」という完璧な返答をしたので“空振り”に終わっただけの話です。

芸能人に限らず、政治家でも記者とケンカしている様子を見たことがあるでしょう。

記者としては本気で責任を追及して厳しい質問をする場合もあれば、誘い水の場合もあります。

いずれにしても相手が激高したり、怒ってコメントすれば最高の仕事をしたことになります。

社内では評価されるはず

従って今回も「無責任」質問をした記者が世間的に批判されても、社内で「なんであんなことを聞いたんだ?」と上司に叱責されることはないでしょう。

むしろ「よく聞いた」と評価されると思います。

語弊を恐れずに言うと、マスコミは「人の不幸」で飯を食っています。

もし取材対象から怒られても怯むどころか、もっと怒らせようとするくらいの無神経さがないと務まらない仕事です。

そこで怒るタレントは二流、期せずして「嵐」はマスコミ対応も一流であることを世に知らしめた会見となった訳です。

自分で書いてて思いましたが、ホントにサイテーですね。

「マスゴミ」と呼ばれても仕方ないです。

もちろん、全部が全部そうではないし、個人的にも「無責任」質問を肯定するつもりがないことは改めて強調しておきます。