M-1グランプリ審査員

M-1グランプリの審査員を務めた上沼恵美子に、前年王者・とろサーモンの久保田が酔って上沼批判している動画をスーパーマラドーナの武智がSNSにアップして騒動になっています。

2人のやったことは大の大人がやることじゃないし、幼稚すぎて擁護する気は全くありません。

その前提で思ったことを書きます。

視聴率女王への過剰な気遣い

上沼恵美子は関西ではレギュラー番組を多く持っていて、視聴率も稼いでいます。

そのためテレビ局関係者や共演者がゴマをすったり、ちやほやすることもあるでしょう。

万が一、トラブルで番組終了なんてことになれば、テレビマンとして失格の烙印を押されるし、共演者もテレビに出る機会を失いたくないので、ある程度は仕方ないと思います。

“権力者”や“カネのなる木”に人が群がるのは世の常だし、嫌われたら損をするのは自分ですからね。

ただ、それがテレビ画面越しに透けて見えるのが、すごく気分悪いんです。

特に面白いことを言った訳でもないのに、手を叩いてゲラゲラ笑う共演者たち。

面白くなければブスッとしていろとは言いませんが、リアクションがオーバーすぎると思いませんか?

上下関係の厳しい芸能界においては、上沼恵美子に限った話ではなく、大御所と呼ばれるタレントへの常軌を逸した気遣いは異常だと思います。

先日も元芸能事務所社長が宴会の席で部下の後頭部を抑えて煮えたぎった鍋に顔を突っ込ませ、大やけどを負わせたというニュースが流れました。

あの一件は権力をかさに着る最低な事例ですが、そもそも上の立場の人間の言うことは絶対という風習はおかしいです。

いつの間にか“権力者”に

上沼恵美子を元社長と同列に扱う気はありませんが、自分が“権力者”になっているという自覚が足りないのではないでしょうか。

元々、歯に衣着せぬコメントでお茶の間の人気を得たのですが、それは弱者が強者に対して噛みついたり、誰も口にできない大物の問題点を指摘したりして、共感を得ていたのだと思います。

それこそ権力におもねることのない気概であり、それを大阪弁で言う「おちょくる」ことによって笑いに変えていました。

しかし、最近の上沼は自分が大物になってしまった故、弱者に対して単に横柄なもの言いをしているように感じます。

それが愛のあるコメントならいざ知らず、単なる好き嫌いのように感じられるから、今回の問題になったと思うんです。

サラリーマンで言えば、好き嫌いで人事をする上司には不満が溜まります。

上沼は決して認めないでしょうが、テレビ画面越しにはそう見えてしまいます。

少なくとも、そのように感じる人間がいるということは、そこにすり寄る人間もいる➡次第に周りはイエスマンばかりになる➡自分では気付かないうちに裸の王様になっている、という悪循環です。

M-1の審査員は間違いなく“権力者”です。

漫才師たちは人生をかけて優勝を狙っています。

そういう場で、「ミキが来てほしい」とか、ギャロップ林に対して「暗い」とかいったコメントは審査員としてすべきではないでしょう。

あまりにも感情のままに話しすぎ、審査員として客観性と配慮に欠けていると感じました。

言われた本人がどう感じるかだけでなく、共演している他の芸人だっていい気はしないと思います。

裸の王様にならないように

芸能界を引退する前の島田紳助にも同じことを感じていましたが、みこしを担ぐ周囲の人間が多ければ多いほど、謙虚でなければならないと思います。

周囲に耳の痛いことも意見してくれる存在がいなくなると、裸の王様になりがちです。

だからこそ自分を客観的に見つめ、人の痛みに敏感でないと権力者として失格だと、私は思います。

今回の久保田と武智の愚行は言語道断ですが、同じように感じていたのは実は2人だけではないと思います。

言葉には出さなくても「よく言った」と心の中で拍手している芸人もいるでしょう。

そう言えば、前の会社にも同じような裸の王様、いや、お偉いさんがいましたね。

もう忘れましたけど。(参考→https://shikujirisensei.com/ネットが促した「権力者の自覚」/