週2~3回のジム通い

今年2月からトレーニングジムに通っています。

たまたま近所で配られていたチラシを受け取ったのがきっかけなんですが、今では入会して正解だったなあと本当に思います。

それまでは全く運動しておらず、たまに付き合いでゴルフに行くくらい。ストレス解消はもっぱらだったので、腰回りに贅肉がつき、健康診断では「メタボ」と診断され、尿酸値は8.5まで上がりました。←7以上は危険水域として赤字で記入されます。

ただ、昨秋に転職してから飲む機会が減ると同時にストレスも減り(いや、ストレスが減ったから飲む機会が減ったのか)、さらに前の会社では目立たなかった中年太りが、若い社員の多いベンチャー企業では恥ずかしく感じていたので、ダイエットも兼ねて運動しようと思ったわけです。

大体メニューは決まっています。上半身、下半身を鍛えるマシンを8種類、最後にルームランナーを時速8km、傾斜5度に設定し、15分から20分走ります。

それを週2~3回なので、そこまでハードではないのですが、少しずつ体力、筋力がついてきた実感はあります。体重だけは食事制限をしていないので1~2kgしか減っていませんが…。

ダイエット以外にも想定外の効能

当初は体を絞る目的で始めたトレーニングですが、やってみて気付いた効果は他にもありました。

まず①頭がスッキリすること。

仕事での悩みや迷いがあったり、煮詰まったりしていても、筋トレをしているうちに考えがまとまったり、迷いがなくなったりします。考えがシンプルになるというか、近視眼的になっている自分に気付いたり、いかに小さなことで悩んでいたかに気付いたり、本当に不思議な感覚なんです。

次に②メリハリがつくこと。仕事を終えてそのまま帰宅すると、スイッチの切り替えができずにモヤモヤを残したまま床について眠りが浅くなることがありますが、ジムに行って汗をかけば気持ちの切り替えができます。

マイナスの要素を引きずらずに済むのは、毎日決まった時間に通勤し、昨日と今日の区別がつかないこともあるサラリーマンにとって、とても大切なことです。

自分との戦いに勝つ

そして③自分に厳しくなれること。

言うまでもなく、筋トレをすると疲れます。サボろうと思えばサボれるし、楽をしようと思えばいくらでもできます。

それでも敢えて自らに負荷をかけることは、自分の体とともに心を鍛えることにもつながります。

息子には毎日素振りをさせていますが(参考→強制しながら自主性を育む「素振り教室」のもうひとつの目的)、単純に野球の練習をさせたいのではなく、精神面の鍛錬と継続することの大切さを学んでほしいという狙いがあります。

それと同じで筋トレは大げさに言えば「自分との戦い」なのです。

ビールがうまい!

プラスアルファですが、筋トレ後のビールは最高にうまいことも付け加えておきます。

まぁ、これは好みですけどね。

以上、サラリーマンが筋トレをする効能について説明してきました。

ストレスを溜め込んでいる方は騙されたと思ってジムに入会してください。生活が一変しますよ!