やっと社内に広まる

最近になって、私が退職することがようやく社内に広まってきました。

私の後任を含めた10月の定例人事異動が発表され(私の退職辞令はまだです)、徐々に明るみになってきたようです。

まだ退職を明かせず、10月人事を同僚と予想してますで書いた通り、同僚にずっと黙っているのは心苦しかったのですが、今はすれ違う人、すれ違う人に「辞めるんだって?」「水くさいなぁ」などと言われ、そのたびに説明する日々です。

同時に送別会の予定が次々に入り、ホントにありがたい限り。

私って慕われてたんですね。(^-^ゞ

とりあえず転職活動してみたら?

気心知れた同僚とも、やっと転職について話せるようになりました。

皆、少なからず刺激を受けたようで、質問攻めにされることもあるし、私も自分の経験が役立つのならと、隠すことなく明かしています。

いろいろ話していると、多かれ少なかれ、現状に不満を持っていることが改めてよく分かりますね。

ただ、ほとんどが「給料が現状維持なら転職する」とか「家族がOKしてくれたらなぁ」とか、仮定の話ばかりです。

そんな時、私が彼らに言うのは「行く、行かないは別にして、転職活動をしてみたら?」ということ。

面接を受けて自信を持つこともあれば、失うこともあるし、社外での自分の価値や評価を知ったり、逆に自分がいかに狭い世界で生きているかを思い知ることもあります。

自分の会社の良さを再発見し、気持ちを入れ換えて頑張ろうと思えれば、それだけでも転職活動をした意味はあるでしょう。

それらは全て「一歩」を踏み出さないと永遠に分からないことばかりです。

近視眼的サラリーマン

サラリーマン生活が長ければ長いほど、最初はおかしいと思っていたことも当たり前になり、近視眼的になっていきます。

私は給料の大幅ダウンと上司のパワハラに耐えかねて始めた転職活動でしたが(参考➡ゴールデンウィーク初日、「決意」のスタート「会社が嫌」という理由で転職するのはアリなのか)、活動中に考え方が変わったし、新たな発見もありました。

不安なほど頑張れる

私だって「転職者のマイルド貧困」なんて記事を読むと不安を覚えない訳ではありませんが、それがエネルギーになることも確かです。

少なくとも今の会社で不満を抱えたまま、愚痴を言い合って働き続けるよりは、メンタル的には健康でいられると思います。

あとは自分次第なので、夢や目標に向かって邁進するだけです。(参考➡転職先では出世を目指します)

こう書くと、青臭く思われるかも知れませんね。

もちろん、愛する家族を養うための資金も必要だし、これから現実の厳しさを痛感することもあると思います。

要は会社に頼らなくても生きていけるように日々精進する。

そのために「最初の一歩」を踏み出すのです。(参考➡もし会社が倒産しても70歳まで食べていけるスキルがあるか)