サラリーマンにとって上司に恵まれるかどうかは大きな問題です。

いくら入りたい会社に入っても、いくら希望の部署に配属されても、直属の上司がパワハラマンだったり、言うことがコロコロ変わったり、人を見る目がなかったりしたら最悪です。➡参考(尊敬できる上司を求めるな)

阪神・江越選手の場合

先日、阪神タイガースの江越選手がスイッチヒッターをあきらめ、右打ちに専念するというニュースが流れました。

知らない方のために紹介すると、江越選手は2014年ドラフト3位で入団した右のスラッガーで、1年目から1軍で活躍。2年目には4試合連続本塁打を放つなど、将来を嘱望された若手選手です。

それが昨年オフ、相手投手に合わせて左右両打席に入るスイッチヒッターに取り組んだものの、結局、断念して右打ちに専念するというものです。

一貫性のない指導方針

そもそも、長距離打者の江越選手になぜスイッチ転向させたのか疑問でした。

足の速さを活かしたかったのかも知れませんが、器用なタイプではないし、何より「飛ばす」という最大の長所を消してしまいかねません。

私は今回のニュースを見て、「やっぱりな」という印象を抱きました。

これは明らかに球団首脳陣の判断ミスです。

江越選手にしてみれば、シーズンオフの大切な練習時間を全くムダに使ってしまったことになります。

1年1年が勝負のプロ野球選手にとって、これは死活問題です。

野茂投手の場合

逆に成功例を挙げると、野茂投手が代表的でしょう。

鳴り物入りでプロ入りした時の大きく体を捻るフォームは、いじりたくなる指導者もいるはずですが、入団した近鉄バファローズの仰木監督は決して直そうとしませんでした。

結果、「トルネード投法」と呼ばれるダイナミックなフォームで後にメジャー入りするほどの名投手になりました。

会社も同じ

会社組織でも同じような例は枚挙にいとまがありません。

若手社員を育てようとして試したものの、うまくいかないからと元に戻したり、部署を異動させたり。その時の上司が先見性があったり、適性を見抜く眼力があれば良い方向に行きますが、逆なら本当に最悪です。

しかも、ほとんどの場合、失敗したからといって、誰も責任を取りません。

良いと思ったことだけ取り入れる

大切なのは自分の足元をしっかり見つめ、良いと思ったことだけ取り入れること。

言うは易し、行うは難しですが、ダメ上司のおかげで時間を浪費するのは本当にもったいないと思います。(参考→理想の上司、理想の親は「ガター防止レーン」)