定年までいかにしのぐか

先日、前職でお世話になった方々と飲む機会がありました。

転職する直前に開いてもらった送別会以来なので、約半年ぶりです。

先方の状況は半年前と何も変わっていなかったのですが、私はこの半年の間に人生で初めての転職をし、ほどなくして部門長になり、髪型を変え、体型も少し痩せたりと、大きな変化があったので、同じような話をしていても感じ方が違いました。

要するに40代も後半になると、先が見えてくるんですよね。

前職の業界は斜陽化してきているので「給料が減った」とか「車を処分した」とか、景気の悪い話が多いんです。

自分でどうすることもできないので仕方ないのですが、皆それを受け入れるだけでなく、あきらめてるというか、定年までをいかにしのぐかが最重要テーマのようでした。

そして時々、昔話になり、「あの頃はよかったよな」としんみりするんです。

先が見えてくる40代

断っておきますが、彼らは前職の私のように左遷された訳ではなく、現在も社内で重要なポジションにいる方々です。そんな立場でも、仕事において明るい話題は出てきませんでした。

また、妻のママ友のご主人も「出世しなくてもいいから、いかに波風立てずに会社員生活を送るかが大事」と言っているそうです。

共通するのは皆、名の知れた一流企業のサラリーマンということです。

大学を卒業して新卒入社してから、ずっと同じ会社で働いてきた方々ですね。一度でも転職を経験した方なら違うと思いますが、一度も経験がないと最初の一歩を踏み出す勇気がどんどん薄れていきます。言い方は悪いですが、「茹でガエル」になってしまうんですね。

私も転職するまでは同じ境遇だったので分かりますが、40歳を過ぎたあたりから幹部になる社員とラインを外れる社員が明確になってきます。

会社が右肩上がりなら違うかも知れませんが、成長の見込めない業界だと、どっちにしても面白くないんですよね。

ラインから外れたら同期や後輩の出世を妬むようになり、仕事へのモチベーションが下がるし、出世コースに乗ったとしても、やりがいのある現場の仕事は部下がやる上、責任だけが重くなるし、上からのプレッシャーはきつくなるし、楽しいことなんてないんです。

だからできるだけ問題を起こさず、リスクを取らず、低値安定を目指すようになっていくんです。

そうしてるうちに年月が過ぎて、無事に定年を迎えたらラッキーという思考ですね。

私も前の会社では逃げ切りを図る上司を見て辟易としていましたが、自分がそれくらいの年齢になり、がんじがらめの状況だったらそうなっていたかもな、と彼らと話して感じました。

人生100年時代は「逃げ切れない」

ただ、今は60歳から年金をもらえて悠々自適に暮らしていける時代ではありません。

人生100年時代に「逃げ切れる」なんて考えるのは浅はかでしょう。

幸いにも私が転職したのはベンチャー企業なので、まだまだ成長途上です。

社員も若い方が多いので「逃げ切り」なんて考える人間は皆無です。

私自身、もっと頑張って会社とともに成長していきたいと思うし、そうしないと転職した意味がありません。

前の会社の給料を越えたい

前職から収入は減りましたが、逆にそれがモチベーションでもあります。

つまり、前の会社の給料を越えたいという意欲です。

前の会社を退職する際、お世話になった方に挨拶すると「転職する会社は大丈夫か?」と上から目線で聞かれたことは決して忘れません。

大企業病にかかり、リスクを取らず、何も行動を起こさず、ただ安住するだけの奴らの鼻を明かしたい。

そのためには10年かかろうと、20年かかろうと歩みを止めるつもりはありません。

人生最後に勝てばいいと思います。

逃げ切りを図る人たちが驚くような、人生終盤の“大まくり”を決めるべく、これからも攻め続けます。