大阪桐蔭が登場

今日は高校野球秋季大阪大会の五回戦を観戦するため、大阪市此花区の舞洲にある大阪シティ信用金庫スタジアムへ行ってきました。

今年、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭が第1試合に登場。

第2試合は上宮太子vs大体大浪商、第3試合も渋谷vs東海大仰星と、甲子園出場経験のある強豪校ばかりなので混んでいるかと思いましたが、それほどでもありませんでした。

行ったことのない方や、遠方の方のために説明しておくと、舞洲(まいしま)とは大阪湾に造成された人工島で、招致レースで北京に敗れた2008年オリンピックのメイン会場予定地でもありました。

今では神戸から移転したオリックスの2軍施設やサッカーのセレッソ大阪の練習場、テニスコートやバーベキュー施設などもあり、「スポーツアイランド」を謳っています。

その中核をなす大阪シティ信用金庫スタジアムは高校野球大阪大会の決勝戦が行われる球場で、夏の府大会で大阪桐蔭vs履正社が行われた時などは立ち見が出るくらいの盛況になります。

大阪市内中心部から車なら1時間かかりませんが、電車がないため、アクセスが良いとは言えません。

車のない私は電車とバスを乗り継いで行きました。

まず、JR大阪環状線西九条駅(または阪神なんば線西九条駅)で降り、大阪シティバスに乗り換えます。

ご覧の通り、バス停留所はかなりの数なので、球場最寄駅の「舞洲中央」まで27分かかります(料金は210円)。

バスは1時間に2本程度しかありませんので、ご注意を。

土日の時刻表を載せておきますので、ご参照ください。

そして帰りの時刻表はこちら。

本数が少ないのであらかじめ調べておいた方がいいですよ。

大阪シティバス以外に北港バスも走っており、こちらはユニバーサルシティ駅や桜島駅、地下鉄コスモスクエア駅につながっています。

時刻表はこちら⬇

北港バスは前扉から乗って料金(210円)を前払いし、降りる際は後ろの扉から出ます。大阪シティバスとは真逆の構造ですので、ご注意ください。

USJに寄り道

という訳で、帰りは急遽ユニバーサルシティ駅で降りて、USJに寄ってきました。

久しぶりに行ったのですが、祝日だけあってすごい人!

ゆったりと空気が流れている舞洲とは全く違いますね。

中には入りませんでしたが、しっかりビールだけは飲んで帰りました。

これも電車&バス移動の醍醐味です。

スーパー1年生・西野くん

話を戻しましょう。

肝心の試合は大阪桐蔭が11-1と懐風館を圧倒し、5回コールド勝ちで準々決勝進出を決めました。

根尾、藤原が抜けた新チームの注目株は、左膝をあまり曲げずに上げる、変則一本足打法の西野くん。

見ての通りの豪快なフォームで1年生ながら桐蔭の3番を打っています。

ファーストの守備では挟殺プレーでミスするなど経験不足を露呈するシーンもありましたが、打球の鋭さは天下一品!

最後も西野くんが豪快な左中間二塁打で試合を決めました。

チーム全体的には、今年のスター軍団に比べると打線も投手力も迫力不足は否めませんが、果たしてセンバツ3連覇、春夏春3連覇はなるのでしょうか。

関連記事➡思い入れだけで夏の甲子園の優勝校を予想してみた

【大相撲春場所】境川部屋のけいこを見学してきた