ダラダラしている次男

最近、妻と二人でよく話すのが次男の教育についてです。

小4男児なんですが、学校から帰ってきたらダラダラ過ごすことが多く、何に対しても無気力というか、一生懸命にやらないんです。

別にいじめられて引きこもっている訳ではなく、学校では友達と仲良くしているようですが、家では寝転がって漫画を読むか、ゲームをするか(ゲームは最近禁止してますが)。

習い事もいくつかさせており、野球チームの練習にはきちんと参加するし、公文教室やパソコン教室も嫌がることなく通っています。

しかし、ある意味、要領がいいと言うか、簡単にマスターしてしまうためそう見えるのかも知れませんが、一生懸命になったり、夢中になったりしている様子はなく、与えられたこと以外はしません。

野球はそこまで好きじゃないのかと思い、水泳を習わせた時期もあったし、剣道教室を見学したり、何かやりたいことはないのか聞いたこともありますが、相変わらずダラダラしています。

向上心がなく出不精

私が子供の頃は毎日のように野球をやっていたし、家の中にいるより外で遊ぶのが好きだったので本当に信じられないのですが、息子は出不精で外に出るのを嫌がります。

親としては、努力してうまくなる喜び、試合に勝つ嬉しさ、逆にポジションを奪われたり、同級生に負ける悔しさなどを感じてほしいのですが、そもそも向上心がないようです。

長男は中学受験して人生最初の成功体験をしたし、それなりに成長が見られるのですが、次男は小学校に入ってから何も変わっていないように思います(もちろん、実際は成長していますが)。

このままでは何に対しても努力せず、適当に済ませるようなダメな大人になりそうで心配です。

体型まで太ってきた…

そして昨年くらいから太りだしたため、ダラダラしている姿が余計に目につくのです。

ダラダラしているから太ったのか、単に食べ過ぎなのか分かりませんが、怠慢な生活と無関係ではないでしょう。

出不精でデブ症なんてシャレになりません。

私は平日は会社勤め、妻もパートで家を空けることが多いので、一人で過ごす時間が長く、同情する一面も確かにあります。

そう思ってこれまでは大目に見てきたのですが、やはりこのままでは人間的に成長できないように思います。

かと言って、夢中になれるようなものが簡単に見つかるとも思えず、妻と頭を悩ませる今日この頃。

自分のことは自分で決められますが、子供の教育は本当に難しいですね。

関連記事→子育てにおける「北風と太陽」

転職を告げた子供たちに最も言いたかったこと

書く力は小学生のうちに身に付けておくべき

育児方針で妻と議論…収穫は妻の機嫌が治ったこと

理想の上司、理想の親は「ガター防止レーン」

息子には部活でも何でも好きなことをしてほしい

子育ての方針の違いが浮き彫りに…父親の役割とは

人が成長するには「実現困難な目標」が必要な理由