転職して1カ月

転職してちょうど1カ月が経ちました。

まだまだ顔と名前が一致しない方も多く、「会社の一員になれた」と胸を張って言える状況にはなっていません。

しかし、社風や雰囲気などはなんとなく分かってきたので、それなりに慣れたことも確かです。

それぞれの胸の内は分かりませんが、仕事をしていて感じるのは、真面目な社員が多く、みんなよく働くなあという印象です。

決してブラック企業のような、無理難題や理不尽な指示が下りてきて追いつめられているという訳ではなく、自発的に自分のやるべきことをやっている感じ。

ワンマン社長への気遣いに戸惑い

ただ、社長はゼロから起業して会社を成長させてきた方なので、かなりのワンマンであることも分かってきました。

小所帯なので社長との距離感が近く、一社員にまで直接指示が飛んでくることもあるのですが、みんな異様とも思えるほど気を遣っています。

社長が礼儀を重んじていることもあるとはいえ、疑問が湧いても質問することさえ憚られるような雰囲気です。

私は前の会社で社長と話したことなど一度もないし、部長とか直属の上司に対してもそこまでへりくだることはありませんでした。←だから左遷されたんでしょうけど

社長に意見したからと言って、左遷されるほど大きな組織ではないし、パワハラされる雰囲気でもないのに、なぜそこまで畏れるのか分かりません。

私はまだよく分かっていないだけで、リスペクトされているのかなあとも思います。

まあ、その辺もまだ傍観しているというか、私が直接関わることが今のところはないので客観的に見ています。(参考→出世のために…社内営業の重要性

能動的に動かないと置いていかれる?

1カ月経ってひとつ感じたのは、知らないうちに「大企業病」になっていたかも、ということです。

前職では全ての業務において上司の判断を仰ぎ、書類にハンコをもらい、自分一人で仕事を完了することはありませんでした。

大きな組織では、コンプライアンス上、必要なことなんだろうと思いますが、そんな環境にいたので「指示待ち族」になっていたような気がします。

というのも、日々のルーティンワーク以外の仕事をほとんどしていないんです。

そもそも私のライターとしての経験や人脈を期待されていたので、何か指示を受ければ動く準備はあるのですが、1カ月経っても特に指示はなし。

その一方で、私の知らないところで新しいビジネスや企画がどんどん進んでいきます。

それこそワンマン社長が自らグイグイ推進しており、ベンチャーならではのスピード感はすさまじいものがあります。

会社が業績を伸ばしていくのは喜ばしいことなのですが、最近は「このままだと置いてけぼりになるかも」という危機感を抱くようになりました。

つまり、ルーティンワーク以外にも自ら積極的に提案をしていかないと、会社の成長スピードについていけないと感じています。

もっと貢献したい

前職の経験則で言うと、慎重さに欠けて危なっかしい気もするのですが、期待されて入ったからにはもっと貢献したいと思うのが正直な気持ちです。

おそらく新入社員に対する配慮もあるはずなので、どっちにしても徐々に忙しくなっていくでしょう。

まあ、提案しても聞き入れてもらえず、責任を取りたくない上司が部下に丸投げするだけだった前職に比べると、前向きな悩みはウエルカムです。←別に「悩み」と言うほどではないですが(参考→新プロジェクト

そんなこんなで1カ月。

一言で言うと、会社に活気がある分、幸せを実感できるし、転職して正解だったと思っています。