自分本位な考えがストレスの要因

「滅私奉公」という言葉がありますが、実際に行うのは大変なことです。

上下関係や社会の秩序が厳格だった昔の日本人は凄かったんだなぁと思いますね。

自分の意思や希望が尊重されやすくなった現代の成熟社会では、「滅私」という考え自体が過去の遺物のようになっています。

念のために言っておきますが、私は別に懐古趣味でもないし、現代の方がいいに決まってますよ。

ただ、自戒を込めて言うと、その裏返しで各人が自分本位、利己的になってしまったり、組織の統率が取れなくなったりすることも確かだと思います。

全く個人的な思いですが、これからは「滅私奉公」を意識したいと考えています。

時代に逆行するようですが、ストレスやトラブルの原因の多くは、自分本位な気持ちによると思うんです。

もちろん、突発的なアクシデントもあれば、100%相手が悪い場合もあるのは理解しますが、極論すれば自尊心を捨てることでストレスやトラブルは大幅に軽減されるような気がします。

「自尊心を捨てる」と言っても、聖人君子じゃあるまいし、完全に捨て去ることなんてできません。

ただ、それを意識することで自分本位度が下がれば、結果的に好循環になるのではないかなと思います。

つまらないプライドは何の役にも立たない

例えば、上司から無理難題を突き付けられたり、同僚から自分のやった仕事を否定されたり、部下から失礼な言動をされたり、職場でストレスを感じる場面は多々あります。取引先とのトラブルもストレスの種ですね。

そんな時、「なんで私のことを分かってくれないのか」「私は何も悪くないのに」等と考えると、相手への不信感だけが募り、何も解決しません。

それより全体を俯瞰して、会社が成長したり利益を出すために必要なことから逆算して冷静に考えることが大切だと思います。

つまり、自分の気持ちやつまらないプライドなど、会社にとって何の役にも立たないんです。

その軸をしっかりと持っていれば、そこに自分本位な考えが入り込む余地はありません。

無感情になって黙々と働くという意味ではありません。会社の利益に反することがあれば、きちんと冷静に意見を言うことも大切です。

どっちにしても、「会社のため」という軸をしっかり持つことが大切なんだと思います。

こう書くと一昔前のモーレツ社員みたいですが、そういう訳ではありません。組織に所属し、そこから給料をもらっている以上、当然のことだと思います。就業時間以外に遊ぼうと副業をしようと自由ですが、それは別の話です。

自分の会社を客観視する

どうしても近くにいる同僚が気になりますが、会社の内側を見て仕事をするのではなく、外から自分の会社を見て仕事をしなければいけないでしょう。

要は社長目線で、自分が会社を経営してるつもりで仕事をできるかどうか。社員全員がそんな気持ちで働いてる会社はきっと業績が伸びているはずです。

上司に怒られるからするとか、社内で波風を立てたくないからするとか、そんな仕事はその場しのぎにすぎません。

つまらない派閥争いや出世競争なんて、どうでもいいんです。地位やお金は後からついてきます。

長期的視野に立ち、大きな目標に向かって、自分が今やるべきことをやる。そのブレない軸を持つことが大切だと思います。

そうした経験は血肉となり、やがて収入面にも跳ね返ってきます。結局は自分のためになるのです。