実家に帰ると焼肉だった

ゴールデンウィークも後半戦に入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は子供たちを連れて実家に帰りました。帰ったと言っても電車で15分程度の距離なので、帰省という程でもありませんが、両親は私と妹が結婚して以降は二人で静かな余生を送っているので、孫の顔を見せて元気を出してもらおうという訳です。

正月でもお盆でも、私が帰ると、母親は必ず私の好きな焼肉か手巻き寿司を用意してくれます。今日は焼肉でした。息子たちは大喜びで、母がデパートで買ってきたお肉をペロリと平らげ、両親も孫たちの食欲に驚いていましたが、私も逆に驚いたことがありました。

母親の食欲にビックリ

父は酒の量も減り、年々食べる量も減っているのですが、母は依然として食欲旺盛だったのです。昔からよく食べる女性ではありましたが、70ウン歳になっても焼肉をおいしそうに頬張る姿に元気の源を見た思いでした。

私が子供の頃は、家族で焼肉食べ放題によく行きました。私はお肉が大好きなので、大学時代は「賄い目当て」で焼肉チェーン店でバイトしたほどです。お目当て通り、賄いは毎日焼肉。月曜は「ハラミ定食」、火曜は「カルビ丼」など曜日別にメニューが決まっており、腹を空かせた貧乏学生には最高の職場でした。

みんなの憧れ「松阪牛」

社会人になると贅沢を覚え、舌も肥えてくるので、味や食感、ブランドにもこだわるようになりました。泣く子も黙る松阪牛にはなかなか手が出せませんが、今日の母の食べっぷりを見て、母の日にプレゼントするのもいいかなと思っています。



こんなのもありました。どっちにしようか迷ってます。↓


関連記事→カニ、いくら、まぐろ…海の幸に溺れたい

北海道の味覚を自宅で堪能できたら最高だな