後輩から相談受ける

先日、とある居酒屋で前職時代の後輩と落ち合い、相談を受けました。

今もバリバリ取材しているライターなんですが「転職しようかと思うんです」と悩んでいました。

新卒で入社以来ずっと同じ仕事をしてマンネリしている上、同期や後輩に出世レースで抜かれ、面白くないんでしょう。

ただ、40代の妻子持ちで一度も転職したことがないため踏ん切りがつかないようです。

気持ちは分かりますが、私には甘えにしか見えませんでした。

私はショムニに左遷されてからずっと異動希望を出していたものの叶うことなく、さらに給料まで下げられることになったので転職を決意しました。

もし、異動希望が通ってライターに復帰していれば転職することもなかったでしょう。

左遷されてから、いかにそれまで恵まれていたか思い知りました。

後輩にはそれを何度も説明したのですが納得する様子はなく、精神的に煮詰まっているようでした。

会社が経営的に厳しい状況なので社内の雰囲気も悪く、前向きに働く意欲を失ってしまったようです。

面接準備として自分の強みを知ることができる

「嫌」という理由だけで転職できるほど甘くはないのですが、かと言って「会社に残れ」というのも無責任というか、わざわざ相談に来た後輩に悪い気がしたので、「とりあえず転職活動をしてみろ」とアドバイスしました。

すでに転職サイトに登録はしているものの、まだ動いてはいなかったので、「まず第一歩を踏み出せ。そこから何かが見えてくる」と強調しました。

面接を受けようとすると、当然ながら自分のキャリアを棚卸しして強みや弱みを把握する必要があります。

そこから揺るぎない自己PRや志望動機が完成すれば、どんな会社の面接でも堂々としていられるからです。

もちろん、落ちて精神的ダメージを受ける時もあるし、内定して自信を得られることもあります。

他の会社や今まで接したことすらない業界を知ることで勉強になるし、自分の市場価値が分かるのです。

仮に内定しても、実際に入社するかどうかは別問題。

収入などの条件を吟味し、家族にも相談しながら決めればいいのです。

私も1社目の内定をもらった会社には丁重に断りを入れ、意外なほどあっさりと了承されたことも伝えておきました。

入るかどうかは別問題、まずは行動あるのみ

転職するか迷っている皆さんも、まずは行動を起こすべきだと思います。

実際に転職するか否かは別にして、モヤモヤを抱えたまま今の環境で働き続けるより健全なのは間違いありません。

自分の恵まれた環境に気付くかも知れないし、希望を持てる転職先が見つかるかも知れません。

足りないものが見つかれば勉強で補えるものは補えばいいし、いずれにせよ、新たな発見があるはずです。