ほぼ初めて話すメンバーと

昨夜は会社の社員さんとの飲み会に呼ばれていたので、参加してきました。

同じ部署の方には一度、歓迎会を開いてもらったのですが、昨夜は違う部署の方ばかりだったんで、話すのもほぼ初めて、中には名前すら覚えていない方もいました。

夕方から飲み始め、帰宅したのは午前2時頃。

こんなに深酒したのは久しぶりです💦(参考→40代での転職のもうひとつの不安要素は健康面)

社内では静かな人が不平不満をぶちまける

社内では同じフロアにもかかわらず他部署との接点があまりないので、パソコンの前で静かに仕事をしている社員さんを端から見ていたのですが、話してみると、まあ、しゃべる、しゃべる。

8人集まったのですが、それぞれが上司、同僚への不満や、仕事中は周囲と会話もあまりないとか、挨拶しても目を合わせてくれないとか、そんな些細なことまでぶちまけ、みんなストレスを抱えているんだなということがよく分かりました。

11月にともに入社した、私より18歳下の「同期」(参考→ITベンチャーで緊張の転職初日、手応えと冷や汗と)も、「えらい会社に入ってしまった」とこぼしていました。

理由を聞くと、前職とのいろいろな違いに戸惑っている様子でした。

ショムニで泥水をすすった私からすれば、取るに足りないと思うような話もあったし、客観的に見ていい会社だと思うのですが、部署が違えば状況も違うのかも知れません。

それ以外のメンバーも私よりは長く勤めているので、いろいろ見えてくる部分もあるでしょう。

「長く」と言っても、全員が中途採用なのでせいぜい勤続3年くらいですけどね。

昔のノリを思い出した

まあ、後ろ向きな愚痴だけではなく、問題意識を持っているための不満や、今後の改善点を共有するような話もありました。

一言で言えば、みんなアツい

ただ、そういった不満を聞くと脳裏に刷り込まれ、いろんな面でマイナスの先入観を持ってしまいそうになるので、話半分に聞き流して、私は私でいこうと思います。

長時間飲んでいると、離婚した理由や下ネタなどのアブナイ話まで話題は広がりました。

20代~30代前半の方と深夜まで飲むなんて久々だったので忘れていましたが、昔のノリを少し思い出しました。

おっさん臭いと思われたくないので、会話についていくのに超必死💦

終電がなくなっても飲むなんて最近はなかったので初老の私にはタフな飲み会でしたが、参加メンバーとの距離感が縮まってよかったです。

関連記事→飲み会続きで酒浸り…飲み過ぎ&二日酔い対策急務