感傷的に報じるテレビ局

貴乃花親方の引退にネタ枯れ気味のワイドショーが食いつき、どのチャンネルをつけても親方の子供の頃や現役時代の映像を流し、感傷的なつくり方をしています。

確かに「平成の大横綱」と呼ばれた貴乃花親方が、“日本相撲協会の改革”という大命題を成し遂げられないまま、志半ばで各界を去るのは残念です。

ただ、どのチャンネルも、どの評論家も、決して問題の本質に触れようとはしません。

問題の本質とは―。

 

 

 

 

 

 

そう、八百長です。

 

この相撲界最大のタブーに触れない限り、貴乃花親方の引退の真相は分からないでしょう。

相撲協会の改革=八百長の一掃

現役時代、“ガチンコ力士”として名を馳せた貴乃花親方は、八百長をせずに22度の優勝を果たしたことに誇りを持っていることは間違いないでしょう。

だからこそ、「相撲協会の改革=八百長の一掃」と言っても過言ではないと思います。

誰がやっていたか、噂レベルの話をするつもりはありませんが、八百長メールの発覚や元小結・板井の告発などから大相撲に八百長が存在していたのは周知の事実です。

自分が八百長をしたかどうかは別にして、それを許容してきた力士たちが親方になって相撲協会を運営しているだけに、真正面から正論を吐く貴乃花親方を煙たく感じていたとしても不思議ではありません。

逆に二所ノ関一門から離れて「貴乃花グループ」が形成された際に追随した親方たちは、貴乃花親方の強い信念に賛同したからこその行動でした。

「有形無形の圧力」とは

日馬富士の暴行問題に端を発した一連の騒動で風向きが変わり、貴乃花親方に世間の批判の目が向けられると、今まで忸怩たる思いを抱いていた親方衆が、貴乃花親方の言う「有形無形の圧力」をかけたのではないでしょうか。

先日の会見で八角理事長は高砂一門で引き受ける準備があったことを明かしましたが、貴乃花親方にしてみれば、自分の信念を曲げてまで軍門に下る意思はなかったということでしょう。

高砂に限らず、五つある一門のいずれかに所属しなければならないということは、貴乃花親方にとっては最も譲ることのできない部分だっただろうし、協会側もそれを分かった上で決断を迫ったのかも知れません。

つまり、貴乃花親方は元横綱としてのプライドを捨て、信念を曲げていずれかの一門に所属するか、それが嫌なら引退するしかないという、究極の二者択一を迫られていたように思います。

清濁併せ吞む度量があれば…

結果的に、貴乃花親方は「敗れ」ました。

巨大組織に立ち向かうスーパースター、という構図は国民の支持を得ていただけに、肩を落としたファンも多いでしょう。

やり方が稚拙だったという批判は、その通りだと思います。

「損して得取れ」という言葉があるように、現状を受け入れた上で、もっと味方を増やし、時間をかけて理事長にまで上り詰めれば、改革を断行できたかも知れません。(参考→出世のために…社内営業の重要性苦手人物をつくらない)

正論だけでなく、清濁併せ吞む度量があれば、とは思いますが、それも貴乃花親方の純粋で不器用な性格なのでしょう。

旧態依然の相撲協会を見ていると、結局何も変わらないだろうなと思います。

そう考えると今回の決断は残念ではありますが、貴乃花親方には貴乃花親方の人生があります。

引退を表明してからの晴れやかな表情を見る限り、重い荷物をやっと下ろせたような解放感があるのでしょう。

これから何をするつもりなのか分かりませんが、相撲協会と争うような、醜い争いだけはしてほしくありません。

「平成の大横綱」が晩節を汚さぬことだけを願っています。(参考→もしも貴乃花が上司だったら)