書類選考通過!

転職サイトから応募した某出版社から面接の案内が来ました。とりあえず書類選考は通過したようです。

来週の面接までに履歴書や課題作文などを準備しなければなりません。履歴書用の写真も撮りに行かないと。今はクールビズでノーネクタイなので、会社に怪しまれないようにネクタイはポケットに忍ばせておき、外回りの時にこっそり撮影しようと思います。

40代は厳しい戦いを強いられる

これまでも転職サイトから応募したことはありましたが、ほとんどは年齢だけでハネられました。やはり40代になると、一気にハードルが上がります。相当、厳しい戦いを強いられるのは間違いありません。

今回は出版社の編集部門なので、私のライターとして経験を買ってくれたのだと思います。それでもこんな中年オヤジを本気で採用しようと思ってるのか、自分でも半信半疑です。

とはいうものの、急にその会社のことが気になったので、ネットでいろいろと調べました。同じ業界なので大体は想像がつきますが、社員のクチコミなんかを読むと、男性社員が多く、平均年齢も高めのようです。

安月給でもやりたい仕事

収入は減りそうですが、転職する時点でそれは覚悟の上。ショムニでしたくもない仕事をしているよりは、安月給でもやりたいことをする方が健全です。元々、文章を書くのが好きでライターを志したので、今でも編集に携わりたい気持ちは強いんです。

堅実な社風は私に会っているし、いろいろな業界に取材するみたいなので、見聞を広めたり、貴重な意見や考えを聞けるのは魅力のひとつでしょう。

ライター時代は取材を通じて本当に様々なジャンルの、いろいろな人と知り合いました。合わない人もいれば、今でも仲良くしている人もいます。少なからず、そういう人々の影響を受けて今の私が形成されているので、これからまたそういう機会に恵まれるのなら最高の幸せでしょう。

(参考➡文章を書きたい、筆力を活かしたいなら登録すべきサイトはこれ

どんな安定組織にしても油断できない時代…自分だけの武器を持て

記者時代の裏話を明かします「スクープの取り方」)

今後の経過も公開します

なんか、すっかり入社したような気分になってきましたが、まだ面接すら受けていませんでした。まずは情報を集めて対策をしっかりと練り、同時に必要書類を準備したいと思います。結果や経過はこのブログで公開しますので、転職を考えている方の参考になれば幸いです。(参考➡転職面接に備え、あがり症の理由と対策を列記転職面接終了…内容を完全再録します)